桑嶋維 / Tsunaki Kuwashima

ロンドンのカレッジ(London College of Printing and Distributive Trades/現在:The London College of Communication )でマーケティング&ア ドバタイジング学科、その他カレッジに在籍.その間に「Non Verbal Communication」(言語を介さないコミュニケーション論)を研究。帰国後、写真家としてファッ ション、広告、雑誌などで活躍。闘牛、闘犬、闘鶏などをテーマとした写真集、『闘牛島徳之島』(2005年/平凡社)、『朱殷』(2006年/求龍堂) や作品は大英博物館、ヴィクトリア&アルバート博物館、セインズベリー日本藝術研究所に収蔵される。広告エージェンシーでのセールス、プラン ニング、ディレクションなどの経験を通じ、写真を含む“伝え方”に重点を置いたコンテンツ制作の重要性に着目し、書籍、人、Web、店舗などメディ ア・プロデュースを手掛け始め、日本を代表するグループのリーダーのアート写真集「FREESTYLE」では、撮影およびクリエイティブコンサルタントの一員を務める。2013年 には視覚芸術分野史上初で公益信託 大木記念美術作家助成基金を受賞し、縄文土器、土偶をモチーフに制作した作品展「永遠のアイドル」をロンド ンにて開催、フィールドがグローバルに。

http://tsunakikuwashima.com

img_8195img_8200

Tsunaki Kuwashima

The head of KAIBUTSU.

He learned marketing & advertising in London College of Printing and Distributive Trades(present:The London College of Communication).He studied “Non Verbal Communication” during that college being on the register roll.After return to Japan, He play an active part in a fashion, an advertisement, the magazine as a photographer.

A collection of photographs, “Bullfighting island Tokunoshima” (2005 / Heibonsha Publishers Ltd.), “Shuan” (2006 / Kyuryudo) and the works which featured the theme of bullfighting, a dogfight, a game cock are stored up in the British Museum, Victoria & Albert Museum, the SAINSBURY INSTITUTE.

Through his experience such as sales, planning and direction for advertisements in the agency, he paid my attention to importance of the contents production that established an important point for “how to convey” including the photograph and has begun to deal with and to direct book, person, Web, the media produce including the store.Even Tsunaki Kuwashima acted as a part of photographer and director in one of the Japanese super-idole’s art anthology book “FREESTYLE” , “FREESTYLE2 ,”.

He won a prize of Ooki’s memorial furtherance fund for artist in 2013.It’s the first time in history for visual arts.He held the exhibition “everlasting idol” that produced “Jomon Doki(straw-rope patterned pottery)”, and “Dogu(a clay doll in a motif)” in London.So,now he is standing on the world stage.

 

img_8663

笠松弥栄 / Mie Kasamatsu

ヘアーメイク・アーティスト/フォトグラファー/プロデューサー。 ロンドンをはじめ、日本でも有名ヘアーサロン”チルドレン オブ ヴィジョン”に参加。ロンドンでのヘアーメイク・アーティスト活動の傍ら、 様々な国際的アーティストと親交し、そのクリエイティブは今や様々な分野に及ぶ。ヘアメイクを柱としたファッションでのアート・ディレクション はもとより、ドローイングやイラストレーションに加え、写真、映像等の作品制作へも意欲的にそのクリエイティブを発揮している。近年は、パー トナーであるアーティスト・桑嶋維の様々なアートプロジェクトに、プロデューサー兼クリエイティブ・ディレクターとしても参画している。また、 自身のプライベート・ブログがネットでも話題になり、文筆にも精力的活動を始めている。

 

 

怪物制作所を支えてくれるアーティスト!

Artists supported for KAIBUTSU!

 

img_1587

マイケル・ホーシャム / Michael Horsham

イギリス生まれ。 アートデザイン集団 TOMATOのパートナー。TOMATOは1991年に設立以降イギリスにとどまらず国際的にもメジャーなクリエイティブ機関である。1994年から現在に至り、書籍デザ イン、芸術インスタレーション及びコマーシャルやキャンペーンなど数多くの制作に関わってきた。クライ アントはイギリス放送局(BBC)や沖縄県政府など。メデイア範囲も広く、アート、プロダクトデザイン、 音楽やデジタルメデイア制作にも関わってきた。現在英ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで講師を務め ると同時に新たなコラボ企画にも興味を寄せる。「怪物制作所」のロゴデザインも彼の手によるものです。

Michael Horsham is a Partner in the art and design collective Tomato. Tomato has been in existence for over twenty years and in that time as part of the studio Michael has published books, made installations, created commercials and campaigns for a wide range of clients from the BBC to the Okinawa Government, curated exhibitions and designed artworks and products and made music and digital media. Michael also teaches at the Royal College of Art and is always interested in the possibilities of new collaborations.The Logo of  “KAIBUTSU” was designed by Michael Horsham !

 

1098470_719899548035907_42364266_n

諸橋和子 / Kazz Morohashi

アメリカ育ちの日系アメリカ兼イギリス人。国際的発信・促進に関するプロジェクトに関わる。現在は独自の制作活動やキュレーションも行い、企画は南アフリカから日本やイギリスをベースにした プロジェクトに関わっている。クリエイティブのネットワークづくりにも積極的で、国内外問わず今後も新たな出会いと交流に大きな期待を寄せる。

Kazz Morohashi is a UK-based Japanese-American artist. She is interested in designing creative and interactive experiences that offer wider public access to learning and discoveries. She has worked on number of public engagement and social impact projects including Go Walkeez, a children’s heritage mapping project, and Brazil/UK Creative Lab, an Arts and Humanities Research Council funded project based in Rio de Janeiro to promote social change through creativity.